今月のひとこと 「手を合わす 親の姿に 子が学び」

title

浄財勧募のお願い

改修決定に至る経緯

勝運寺本堂 勝運寺は天正9年(1581年)浦宗勝公によって開基され、430余年の歴史を刻み、現住職で28代目を数えます。
現本堂屋根は昭和30年に改装されましたが前の瓦をそのまま使用されておりました。このため、現状では老朽化が進み雨漏りや床下ではシロアリ等の被害がでております。 そのまま放置し難い状況にあり、修理では将来にわたって維持費がかさむことになります。
このようなことから大改修実行委員会を立ち上げ、近年改修された寺院の事例調査などを実施し、検討を進めてまいりました。慎重審議を重ね本堂を大改修するとの結論に至りました。
つきましては何かと出費も多い時節柄誠に恐縮に存じますが趣意をご理解いただき、本堂大改修に対し御懇志賜わらんことを伏してお願い申し上げる次第であります。
平成30年3月吉日
大改修実行委員会 一同

住職ご挨拶

当寺は、本堂屋根の老朽化により、雨漏りがひどく、また開山堂はシロアリにより斜めになった状態です。その為に本堂及び開山堂を大改修する運びとなりましたが、なにぶんにも莫大な費用がかかってしまいます。まだまだ目標金額まで届かない現状です。
この度の7月豪雨災害では、各方面よりご心配をいただきましたが、幸いにも直前の6月末に、最も状況の悪い部分の応急処置を施していたため、大きな被害に至らず、少しの雨漏りですみました。応急処置がいつまでもつかわかりませんので早急に工事に取りかかりたい所ではありますが、先に申しましたように勧募が思わしくありません。そこで、檀信徒の皆様はもとより、一般の方からもご支援をいただきたく、浄財勧募のお願いを申し上げます。
どうぞ「勝運の寺」の大改修にご協力ご尽力いただきますようお願い申し上げます。 合掌

計画の概要

1、事業内容

勝運寺平成の大改修(本堂改修工事)

2、目標事業予算

約1億5000万円

3、工事期間

平成32年9月〜平成33年7月
平成33年8月完成予定

一般懇志

随時受け付けしております。
連絡先
電話0846-26-0880
〒729-2314 竹原市忠海床浦2-10-1
また、お問い合わせ等メールフォームをご用意しておりますのでご利用ください。

瓦懇志

瓦懇志 瓦懇志は1枚1,000円にて、施主様としてお名前を記入していただくものです。またお名前のほか「家内安全」等の願事を合わせて記入することもできます。
瓦懇志のお申し込みページからお申し込みいただくか、別紙申し込み用紙をダウンロードしてお使いください(pdf形式です。Excell形式も準備中です)。

pdf形式の様式>>手書きでご記入の際にお使いください。
excell形式の様式>>pcで入力の際にお使いください。
excell形式の書類はお問い合わせ等メールフォームで添付してお送りいただくこともできます。